脱毛などムダ毛処理の基礎知識を紹介します

脱毛方法いろいろ

一般的にムダ毛の「脱毛」と言っても実は色々な方法があります。またその中には「脱毛」ではなく、「除毛・抑毛」という部類に入る方法もあります。

 

では、「脱毛」と「除毛・抑毛」の違いは何でしょうか?

 

「脱毛」とは、毛根に何らかの方法で働きかけて毛根から取り除く方法です。自分でやる方法としては、一番お手軽なのが、毛抜きを使う方法。また、ブラジリアンワックスなどワックスを使ったり、家庭用脱毛器を使う方法があります。他の人にやってもらう方法としては、エステや脱毛サロン、クリニックなどの施設でやってもらう方法があります。

 

脱毛は毛根から毛を取り除くため、器械の性能や処理方法によっても変わってきますが、比較的長い間ムダ毛が生えてきません。ただいずれの方法も毛根からの処理のため痛みを伴うことが多いのと、毛抜きなどによる自己処理は埋没毛や毛穴が空いたり炎症を起こす危険性もありますので、注意が必要です。

 

一方、「除毛・抑毛」は、皮膚の表面から出ている毛を取り除く方法で、カミソリやシェーバーを使って剃ったりクリームなどの除毛剤を使って毛を溶かす方法もあります。

そのため、少し時間が経つとまたムダ毛が皮膚表面に出てきてしまい、また元の状態になってしまいます。

 

またお手軽に安くできるので一番多くの人がやっているムダ毛の処理方法が「カミソリ」ですが、カミソリで剃るとどうしても肌表面をこするので肌の角質を剥ぎ取ってしまい肌荒れの原因になって黒ずみが残ってしまったり、大切な肌に切り傷を残したりと肌トラブルの原因になることも多いので、注意が必要です。

 

どの方法でムダ毛の処理をするかは、目的やかけられる予算、体質等によっても変わってきますが、肌トラブルの原因になる「毛抜き」や「カミソリ」による自己処理はできるだけ避けた方が無難です。

 

永久脱毛って本当に永久に毛が生えてこない?

「脱毛」とは毛を毛根から取り除く方法のことだと定義しましたが、ムダ毛を毛根から取り除く方法にもいろいろな方法があります。

 

一番簡単なのは「毛抜」きで1本1本毛を抜いていく方法ですね。ただ全身のムダ毛を1本1本毛抜きを使って抜いていくのは気の遠くなるような作業ですし、下手をすると埋没毛や毛穴が残ったりと肌トラブルの元になるので避けた方が無難です。また、毛根からムダ毛を取り除いても毛を再生する毛母細胞等は残ったままですので、時間が経てばまたムダ毛は生えてきてしまいます。

 

では、一時的な処理ではなく、一度脱毛したらその後ズーとムダ毛が生えてこないような脱毛方法はあるのでしょうか?
そのためには、毛を作り出す組織、毛母細胞自体を取り除くか再生できないように変性(破壊)する必要があります。

 

ここで注意が必要なのは、この毛母細胞を取り除いたり再生できないように細胞に何らかの処置をするという行為は、本来は「医療行為」にあたるため医師免許を持ったクリニックや医療機関でしかできないということです。具体的には、レーザー光線を使って毛母細胞を破壊するレーザー脱毛や、電気を通して同様に毛母細胞を破壊するニードル(電気針)脱毛がそれにあたります。

 

ですので法律上、医師免許を持たないエステや脱毛サロンではこうした「脱毛」行為を行ってはならず、毛母細胞等を変性させたり破壊したりしない程度の「除毛・抑毛」しかできないことになっています。そこでエステ・脱毛サロンでは医療用のレーザー脱毛よりもかなり出力を抑えた「フラッシュ(光)脱毛」が主に行われています。

 

原理的には、レーザー脱毛もフラッシュ脱毛もメラニンの黒や濃い色に反応する特殊な光を照射し、光エネルギーを熱エネルギーに変換して毛母細胞を変性・破壊するという脱毛方法ですが、医療機関で使用されるレーザーは出力が高いため、効果も高いと言われています。

 

出力が高い分痛みも強いことが多く、やけどなどの危険性もあるため、医師免許を持ったクリニックや病院でしかできないことになっています。

 

また「永久脱毛」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは当然クリニックや医療機関でしかできません。基本的に医療機関で行われる脱毛は「永久脱毛」と考えて間違いないのですが、実はこの「永久」という言葉は脱毛したらその後永遠に毛が生えてこないということではないのです。

 

実は医学的には「脱毛の施術が完了してから1か月後の時点で、毛の再生率が20%以下」と米国電気脱毛協会A.E.A.(American Electrology Association)」によって定義されており、医師免許も持ったクリニックで「永久脱毛」をしたとしても永久に毛が生えてこないことを保証しているものではないと言う事です。

 

簡単に言うと、「永久脱毛」でも100本脱毛したら20本は生えてくる可能性があると言う事ですね。

どの脱毛方法が良い?

ほぼ半永久的な「永久脱毛」を求めるならクリニックか病院に行くしかありませんが、メリットばかりでなくデメリットもあります。

 

それはまず

 

@医療機関での脱毛は「費用が高い」

 

脱毛は美容整形と同じ自由診療のため、医療保険が使えないため全額自分で支払わなくてならないため、高額になることが多いです。
もし全身脱毛をしたなら、60万円から100万円ほどは必要になります。

 

A脱毛時の痛みが強い

 

医療脱毛は「レーザー脱毛」か「ニードル脱毛」になるので、出力が高い分痛みも強くなります。
あまりにも痛いのでその痛みに耐えられず、途中で止めてしまう人もいるようです。そうなると払った費用が無駄になることもあります。

 

B時間がかかる

 

「レーザー脱毛」も「ニードル脱毛」も1回に照射・施術する範囲が狭いため、対象範囲を施術するのに時間がかかります。

 

 

それでは、永久脱毛ではないエステや脱毛サロンで行われている「フラッシュ脱毛」はどうでしょうか? 
実は、永久脱毛を法律上謳えないエステやサロンの脱毛でも、十分脱毛効果は期待できるんです!

エステやサロンの脱毛はどう?

本来法的には「抑毛・除毛」としか謳えないサロンやエステですが、広告・宣伝では普通に「脱毛」と言っています。
この辺りは法的にはグレーな部分だと思いますが、消費者から直接行政に対して訴え等がなければ、警察は動かないので、半ば放置されている状態だと思います。

 

では、エステで行われている「脱毛」は効果がないのでしょうか? 

 

確かに火傷などの問題が発生しないように医療機関のレーザーと比べればかなり出力を抑えているとは思いますが、脱毛効果は満足行くレベルまでムダ毛は薄くなります
もしエステやサロンでの脱毛に効果がなければ、これほど多くの人がエステに通うことは無いでしょうし、エステが増えることもなかったでしょう。

 

また使われている器械も、最近の技術の進歩で今まで以上に効果に期待ができるようになってきています。

 

 

エステや脱毛サロンでの脱毛のメリットは、

 

@ 料金が安い
多くのサロンがキャンペーンを行っていて、驚くほどの低料金で脱毛できますし、全身脱毛しても医療機関と比べれば非常に安くできます。

 

A 施術が早い
ほとんどのサロン・エステで使用されている器械はフラッシュ脱毛器ですが、その脱毛用の光を照射する部分の面積がレーザーに比べて非常に広いため、1回で施術する面積が広く早く脱毛が進みます。

 

B 痛みが少ない
フラッシュ脱毛器はレーザーに比べて照射時の痛みが少ない、またはほとんど無いので最後まで脱毛を続けられます。

 

もしエステでの効果に疑問のある人は、格安キャンペーンを利用して一度試して見てから決めるのも良いと思います。

エステ以上の脱毛効果を家庭で!

最近では「ケノン」を初めとして家庭用脱毛器を使用する人が急速に増えてきています

 

家庭用脱毛器が登場したのは10数年前になりますが、その時はまだ値段も高く脱毛効果もはっきりしなかったため、普及にはいたりませんでした。

 

ところが、2009年ケノンの前身である「イーモ」、「イーモリジュ」の登場から一般の人にも手が届く価格とその脱毛効果の確かさで、徐々に利用者が増えてきました
ケノンを真似して他社からも新たな商品が次々に発売され、家庭用脱毛器の利用者がどんどん増えてきました。

 

最近では、かつてエステ・脱毛サロンを利用していた人が、その予約の取りにくさなどを理由に家庭用脱毛器に乗り換える人も増えてきています

 

現在販売されている家庭用脱毛器には、ケノンやレイボーテのような「フラッシュタイプ」「レーザータイプ」の2種類があります。
レーザータイプの代表的な商品は、「トリア」です。

 

「トリア」は家庭用脱毛器の中では唯一レーザーを採用した商品で、2005年に「アイエピ」という名前でアメリカから輸入販売されていました。
レーザーだけにその脱毛効果は高く、今でも脱毛効果を優先したい人にはお勧めです。

 

ただ照射部分と本体が一体型のため重く(584gとバットとほほ同じ重さ)、充電式のため連続可能使用時間が30分と短いことがちょっと難点ですね。
使用者の中には、使っている間に筋肉痛になった人もいるとか(笑)。また充電回数が約500回と、充電できなくなったら使えません。

 

照射面積も約1平方センチと小さいため、同じ面積の脱毛をするにも時間がかかります。

 

あとレーザー方式のため照射時の痛みが強く、かなり我慢強い人でないと途中で使わなくなってしまう人も多いようです。

 

デリケートゾーンなど敏感な部位に使うのは、難しいと思います。

 

 

では家庭用脱毛器のメリットをまとめると、

 

@ エステのように予約や通う必要がなく、いつでも好きな時に脱毛できる。

 

A エステの脱毛器は出力が弱いが、家庭用脱毛器は自分で調整できるのでエステより脱毛効果が期待できる。

 

B 全身脱毛しても、エステより格安で脱毛できる

 

C 脱毛以外にも美顔器、スキンケアもできてお得

 

D 親子、姉妹など複数人で使用できるので非常にお得

 

などがあります。

脱毛ワックスってどう?

脱毛ワックスは、脱毛用に作られたワックスを脱毛したい部位に塗ってその上からシートを張りつけ、ワックスが乾いたら一気にシートをはがしてムダ毛を剥ぎ取るという方法ですね。

基本的には、ガムテープを脛とかに貼り付けて、一気に剥がすようなイメージだと思ってもらえばいいです。

 

思ったよりも痛みは少ないようですが、やはり「痛い」ようです。

 

効果としては、大体2週間から8週間ぐらいは持ちますが(人や部位によっても違いますが)、レーザーやフラッシュ脱毛のように半永久的とは行きません。

 

ただすぐに脱毛してすぐにツルツルになりたい人には、カミソリや毛抜きでやるよりも安全できれいに仕上がりますので、お勧めです。

 

商品によって、その原材料の違いや製造国の違い等がありますが、基本的には脱毛方法等は同じですので、価格や材料をチェックして自分に合ったものを使えば良いと思います。

 

ANGELICA WAX

 

関連ページ

家庭用脱毛器の基礎知識について
今ネットや店頭では色々な種類の「家庭用脱毛器」が販売されています。間違いのない商品を選ぶために、家庭用脱毛器の基礎知識識についてご紹介します。