色々な脱毛方法について紹介します

脱毛と脱毛方法について

今では当たり前になってきた「脱毛」ですが、一言で「脱毛」と言ってもその処理方法や効果には色々あります。

 

最近では「家庭用脱毛器」を使う人もかなり増えてきていますが、ちょっと前まで「脱毛」と言えば「カミソリ」や「毛抜き」を使ってお手軽に自分で処理する人もいれば、もっと本格的にやりたい人は「エステ」や「脱毛サロン」に通うのが一般的でした。

 

ところが最近今迄エステや脱毛サロンに通っていた人が、家庭用脱毛器に乗り換える事も多いと言います。

 

ここでは「家庭用脱毛器」や「エステ・脱毛サロン」、その他脱毛方法についての知識、それぞれのメリットやデメリット、家庭用脱毛器を使う人が増えてきた理由などについてご紹介したいと思います。

脱毛の現状を調べてみました!

今や日本で脱毛は女性はもちろん、若い男性にとっても当たり前のたしなみになってきていますが、実は脱毛する行為自体は考古学的には2万年ほど前から行われていたとされており、紀元前のクレオパトラの埋蔵品の中に脱毛用のカミソリが残されています。

 

ムダ毛のないツルスベの肌を持つことは、古今東西を問わず人類不変の願望、美意識のようですね。

 

では実際に現在日本でムダ毛の処理をしている女性の割合はどのくらいなのでしょうか? 
株式会社ヒューマの「H23年脱毛についての意識を検証」によると、約80.3%の女性が脱毛・除毛を行っているというデータがあります。ちなみに男性でも約15%が脱毛をしています。

 

脱毛・除毛をしている部位としては、1位 脚、2位 腕、3位 顔 の順番になっています。

 

海外では、こうした表に出る部分の脱毛だけでなく、VラインはもちろんI.、Oラインの脱毛をしている人も多く、最近日本でもこうした部位の脱毛をする女性が増えています。
こうした脱毛を「ハイジニーナ」と言うのですが、女性特有の生理時の蒸れや臭いなど衛生的にも良いと言う事もその理由のようです。

 

 

ちなみに、脱毛・除毛方法で多い順番を並べてみると(H23年脱毛についての意識を検証 株式会社ヒューマの資料による)

 

1.カミソリ系 (60.5%)
2.毛抜き (35.9%)
3.電気シェーバー系 (15.9%)
4.エステなどに行く (10.6%)
5.脱毛器(ローラーなどで抜くタイプ) (9.4%)
6.除毛剤(溶かすタイプ) (4.7%)
7.脱毛器(加熱・照射などのタイプ) (2.7%)
8.ワックス脱毛 (1.5%)

 

となっています。

 

まだまだカミソリ、毛抜きで処理している人が圧倒的に多いようですね。

 

 

一方、脱毛・除毛で悩んでいることについての回答は、

 

1.頻繁に手入れが必要なこと (35.5%)
2.時間がかかる (26.8%)
3.肌荒れ (25.6%)
4.カミソリ負け (23.3%)
5.埋没毛 (22.3%)
6.痒み・赤くなるなど (21.8%)
7.毛穴の開き (19.2%)
8.毛が濃くなってしまった (18.6%)
9.見え難い部分の処理残し (18.5%)
10.色素沈着 (17.1%)

 

と、カミソリや毛抜きでの自己処理に伴うトラブルがほとんどです。

 

 

脱毛方法について

ムダ毛を処理する方法には色々ありますが、大きく分けると2つあります。

 

1つが「脱毛」、もう1つが「除毛・抑毛」です。

 

脱毛は、ムダ毛を毛根から取り除くのに対しして、除毛・抑毛は皮膚表面に出ているムダ毛を処理する方法です。

 

ですので、同じ自己処理でも毛抜きを使ってやるのは脱毛、カミソリで剃るのは除毛・抑毛になります。
毛根から取り除く脱毛の方が、除毛・抑毛よりも長期間ムダ毛が生えて来るのを抑えることができますが、その代わり痛みを伴います。

 

毛根からムダ毛を取り除くだけでなく、毛母細胞といった毛を再生する組織に働きかけてムダ毛の再生を抑えるのが、フラッシュ型やレーザー型の家庭用脱毛器、エステやサロンで行われるフラッシュ脱毛、クリニックなど医療機関で行われるレーザー脱毛、電気針(ニードル)脱毛になります。

 

「永久脱毛」として医学的に認められているのは、クリニックなどの医療機関で行われる脱毛になります。

 

ただ、最近では技術の進歩により、ケノンのように家庭用脱毛器でもエステ以上の出力を効果的に出せる器械も現れ、手軽に家庭で永久脱毛が可能な時代になってきています。

脱毛と言っても色々な方法がある事は知っていますか?記事一覧

一言で「家庭用脱毛器」と言っても実は色々な種類の器械があります。「脱毛と除毛・抑毛の違い」のところでも説明しましたように、「脱毛器」と言われるものの中には皮膚表面に生えているムダ毛を処理するだけの「除毛器・抑毛器」と呼んだほうが良いものもあります。例えばサーミコン方式と言われるムダ毛を熱線で焼き切る方法の「ノーノーヘア」(ヤーマン株式会社)という器械は、「脱毛器」と謳っていますが、皮膚表面のムダ毛...

一般的にムダ毛の「脱毛」と言っても実は色々な方法があります。またその中には「脱毛」ではなく、「除毛・抑毛」という部類に入る方法もあります。では、「脱毛」と「除毛・抑毛」の違いは何でしょうか?「脱毛」とは、毛根に何らかの方法で働きかけて毛根から取り除く方法です。自分でやる方法としては、一番お手軽なのが、毛抜きを使う方法。また、ブラジリアンワックスなどワックスを使ったり、家庭用脱毛器を使う方法がありま...